非侵襲性の微細突起による皮膚刺激が大学生の便秘に及ぼす影響

日本プライマリ・ケア連合学会誌に掲載された論文「非侵襲性の微細突起による皮膚刺激が大学生の便秘に及ぼす影響」がオンライン上で見られますので、ご興味ある方はぜひ御覧下さい。
常葉大学の沢崎先生、宮崎先生、福岡大学の向野先生による共同執筆論文です。

※微細突起とは、当院で用いている「刺さないはり」のピソマやハペパッチ、ソマレゾン等の非侵襲性器具のことです。

「非侵襲性の微細突起による皮膚刺激が大学生の便秘に及ぼす影響」のページにリンク

関連記事

  1. water pollution

    埼玉県内河川における浸透性殺虫剤の汚染実態ーネオニコチノイド…

  2. Agricultural chemicals

    ネオニコチノイド系農薬の生物への摂取経路と水環境リスクに関す…

  3. seminar

    シンポジウム『においブームの落とし穴 香料や柔軟剤、広がる“…