非侵襲性の微細突起による皮膚刺激が大学生の便秘に及ぼす影響

日本プライマリ・ケア連合学会誌2014年vol.37の第3号に掲載された論文「非侵襲性の微細突起による皮膚刺激が大学生の便秘に及ぼす影響」がオンライン上で見られますので、ご興味ある方はぜひ御覧下さい。
常葉大学の沢崎先生、宮崎先生、福岡大学の向野先生による共同執筆論文です。

「非侵襲性の微細突起による皮膚刺激が大学生の便秘に及ぼす影響」のページにリンク

抄録より引用しました。詳しくは原著をご覧ください。

非侵襲性の微細突起(マイクロコーン)による皮膚刺激を用いて、大学生の便秘に及ぼす影響を検討した。
便秘の事前調査を回収できた280名の内、研究趣旨に同意が得られた17名とした。
微細突起を耳甲介腔に各自貼付するS群 (9名) とプラセボP群 (8名) を封筒法により無作為に割付け、便秘 (CAS-J)、体重、体脂肪率、血圧の評価を行った。

S群では介入開始前と比較して研究終了後にCAS-Jが有意に低下 (P=0.02) したが、P群では有意な差はなかった。
両群共に体重、体脂肪率、血圧は研究終了後に有意差はみられなかった。

本研究は耳甲介腔への微細突起による非侵襲性の皮膚刺激が便秘の改善傾向、特にセルフケアの一手段として活用できる可能性を示唆する。

※微細突起とは、当院で用いている医療用マイクロコーン器具「ピソマ」や「ハペパッチ」、「ソマレゾン」等の非侵襲性器具のことです。

関連記事

  1. article

    精神的ストレスにより発症し視床症候群を疑われた不定愁訴症候群…

  2. airpollution

    環境に広がるイソシアネートの有害性

  3. article

    厚生労働科学研究研究費補助金 化学物質リスク研究事業 「香料…