児童・生徒(6~15才)の化学物質過敏症様症状に関するアンケート再調査

新潟県立看護大学の永吉雅人准教授らが調査した「児童・生徒(6~15才)の化学物質過敏症様症状に関するアンケート再調査」の結果です。
データが2013年10月と古いですが、大変興味深いデータです。

児童・生徒(6~15才)の化学物質過敏症様症状に関するアンケート再調査.PDFファイルのダウンロード

以下、調査の要旨より。

アンケートの有効回答数は14,024名(有効回答率84.0%)であった。
調査の結果、14,024名の回答児童・生徒中MCS様症状を示す児童・生徒は1,734名(12.4%)であった。
今回の調査で主に、次の3つのことが明らかとなった。

1.小学1年生から中学3年生へ学年が進むに伴い、MCS様症状を示す児童・生徒の割合が増加傾向にあった。
2.小学生全体のMCS様症状を示す児童の割合は、今回調査した小学生の方が5年前に比べて大きくなっていた。
3.小学3年生から中学3年生までのMCS様症状を示す児童・生徒はMCS様症状を示していない児童・生徒より就寝時刻が遅かったことが明らかになった。

関連記事

  1. baby

    ホルモン最新事情赤ちゃんが危ない(外部サイト)

  2. presentation

    7/7-7/8 第27回 日本臨床環境医学会学術集会開催のお…

  3. Agricultural chemicals

    ネオニコチノイド系農薬の生物への摂取経路と水環境リスクに関す…