「香害先進国」米国の悲惨な実態、成人3人に1人が被害者

週刊「ダイヤモンド」オンライン版、2018年8月29日の記事より引用。

「香害先進国」米国の悲惨な実態、成人3人に1人が被害者

アメリカでは、成人の約13%が香りつき製品にさらされて化学物質過敏症になり、約15%が職場の香りつき製品で健康を害して過去1年間に休職や退職を余儀なくされている-。

そんな「香害先進国」の悲惨な実態を明らかにした調査結果が公表され、注目を集めている。
香りつき製品の成分で体調不良になった日本の「香害」被害者には、やがて日本もこのようになるのではとの不安が強い。

この調査は、アン・スタイネマン教授(オーストラリア・メルボルン大学)らが2016年6月に実施し、今年3月までに複数の研究論文で公表した。

全文は、週刊「ダイヤモンド」オンライン版をご覧ください。
「香害先進国」米国の悲惨な実態、成人3人に1人が被害者のページにリンク

関連記事

  1. water pollution

    埼玉県内河川における浸透性殺虫剤の汚染実態ーネオニコチノイド…

  2. herbicide

    除草剤「ラウンドアップ」でがんに バイエルに2200億円の賠…

  3. stretch

    おすすめサイトの紹介「無香料生活」