【緊急】安心して受診して頂くための、当院の感染症対策について 6/10更新(公開:3/11)

従来の「当院の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策と皆様へお願い」のページから”皆様へお願い”部分を別ページにしました。
※「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)から身を守るためには」のページにリンク

当院の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策について

現在、以下のような院内環境の衛生管理を徹底していますが、微熱や呼吸器症状等が出ている場合は、当院や他医療機関を直接受診せず、受診前に必ず「有症状者相談窓口(保健所)」へご連絡ください。
※新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の相談と受診についてのページにリンク

感染症対策は、日本環境感染学会:医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド第3版 (2020年5月7日)を元に対応します。

受診の際、入口にて、患者様(同伴者含む)の「検温」と「アルコールによる手指消毒」を実施しますので、ご協力願います。
また、仮に当院の医療スタッフ、患者様から感染者が出た場合に備え、感染経路特定のため、患者様の入退室時間を記録させて頂きます。
さらに、検査時において、パルスオキシメーターによる経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)を計測します。

なお、2020年(令和2年)4月15日(水)より、再診の患者様向けに、電話インターネット回線による、オンライン施術(医療指導)と医療相談を開始しています。
※「オンライン施術(指導)と相談開始のお知らせ」pdfファイルのダウンロード

現在の状況下で不安が強いと思いますが、慢性疾患がある患者様は、受診をためらわずに、ご自身でも外出の際、マスク着用等の防護をした上で、受診してください。海外や東京都はじめ国内で、受診をためらったことで、持病が悪化するケースが多数報告されています。

なお、厚生労働省は、適切に感染防護具を着用している場合は、「濃厚接触者」に該当しないとの判断を示しており、当院では適切に感染防護具を着用し、施術を行っております。
当院では、現状出来る限りの感染症対策を取り、患者様に少しでも安心して頂ける環境を整えてまいります。

院内環境の3密対策

1.密集対策:患者様同士が重ならないよう、予約時間毎に一定の空き時間を入れる(院内には患者様一人だけ
2.密閉対策:24時間換気(自然換気・強制換気の併用)、HEPAフィルター*搭載の空気清浄機の常時運転
3.密接対策:施術の際、グローブ、サージカルマスク、フェイスシールド、ガウンもしくはエプロン着用

※High-Efficiency Particulate Air (HEPA) フィルター:0.3μmのサイズの粒子に関して99.97%以上の粒子を捕集可能の性能
・新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)は、飛沫より小さな直径5μm以下の粒(エアロゾル)に含まれて空気中を漂い、感染を起こすこともあるとみられている。

飛沫感染対策

1.N95マスクもしくは、サージカルマスク着用
2.フェイスシールド着用
3.エプロンもしくはガウン着用
4.問診の際、少なくとも1メートル以上離れて行う(各種検査は、極力手短に行う)
5.受付に透明の板を設置

接触感染対策およびタッチレス化

1.ディスポーザブルグローブ着用
2.概ね30分毎の手すり・ドアノブ、ボールペン等の共有物のアルコール消毒
3.施術毎に医療ベッドのアルコール消毒
4.患者様用のアルコール消毒液の設置
5.施術前後の手指衛生の励行
6.高圧蒸気滅菌器具(オートクレーブ)による、医療器具の滅菌処理
7.紫外線消毒済みのスリッパの使用
8.現金やトレー等の紫外線消毒器による消毒
9.ドアの自動化、トイレ等の照明スイッチを人感センサー型に切替
10.お支払い方法にキャッシュレス決済PayPayを追加

また、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大を受け、東京等の遠方からの患者様が来院出来ない場合を考慮し、「ピソマ」及び「ハペパッチ」「ハペロール」の郵送および電話・メール・オンラインによる遠隔診療(技術指導)を行っています。
※「医療用マイクロコーン「ピソマ」「ハペパッチ」等の郵送実施のお知らせ(通院患者様が対象)」のページにリンク

※「医療用マイクロコーン型器具 オンライン技術指導開始のお知らせ(通院患者様以外でも利用可能)」のページにリンク
ご要望の方は、当院まで電話(026-293-8841)もしくはメールフォームにてご連絡ください。

診療日カレンダー

篠ノ井はり灸院

長野県長野市篠ノ井布施五明287-5 1F
TEL. 026-293-8841(予約制)
外来診療時間
午前診:9:30~12:15
午後診:13:30~15:00(土曜日のみ)