【重要】2018年(平成30年)10月1日より、院内を”香料不使用”(Scent-Free Zone)とします

Scent-Free Zone

当院では、昨今のマイクロカプセルに包まれた「イソシアネート」使用の”疑い”のある”香料入り”の洗剤・柔軟剤・消臭剤等に対応するため、2018年(平成30年)10月1日より、院内全体を”香料不使用”(Scent-Free Zone)とします。

理由は、”毒性”のある、有害な化学物質「イソシアネート」剤からすべての患者様を”守る”ためと、院内環境を”清潔”に維持するため、それと、院長の私自身が曝露すれば、適切な医療が提供できなくなる”おそれ”があるためです。

「イソシアネート」は、窒素(N)、炭素(C)、酸素(O)が結びついた「-NCO基」をもった有機化合物です。
例えば、「トリレンジイソシアネート(TDI)」や「フェニルメタンレンジイソシアネート(MDI)」などたくさんの種類があります。

「イソシアネート」は、ごく希薄な吸入でもアレルギー性喘息や中枢神経や心臓血管系症状を引き起こす、”毒性”化合物で、過敏性を生じやすく、慢性の肺線維症、間質性肺炎等の原因にもなります。

「イソシアネート」の種類の1つの「トリレンジイソシアネート(TDI)」は、トルエン(シンナーの主成分)の一万倍の”毒性”をもっており、国立医薬品食品衛生研究所(NIHS)の研究では、腹痛、咳、吐き気、息切れ、咽頭痛、嘔吐、発赤、灼熱感、皮膚の痛み、目の充血、目の痛み等の多彩な症状が出現することが報告されています。

欧米では、「イソシアネート」は、”毒性”が極めて高いため、環境基準が厳しく設定されていますが、日本では、生活環境での規制はなく、野放しになっているのが現状です。

既にアメリカのミシガン州デトロイト市では、2010年より市職員に香料使用を”禁止”、カナダのノバスコシア州のハリファックス地域都市圏では、1991年より総合病院内で香料不使用を始め、今では、同州内のほとんどの職場、学校、教会といった公共の場で、自主的な反香料方針が実施されています。
Canadian Centre for Occupational Health and Safety「Scent-Free Policy for the Workplace : OSH Answers」(新しいウインドウが開きます)

このような”香料不使用”(Scent-Free Zone)は、日本では、”異例”ですが、「患者様の安心・安全」を最優先に考え、”予防的に導入”を試みる次第です。

今後は、各省庁の規制等により、環境基準の変更等があれば、順次見直す予定です。

2018年(平成30年)10月1日より”香料入り”のすべての洗剤・柔軟剤・消臭剤・化粧品・制汗剤・整髪料・シャンプー・リンス・トリートメント・毛染め類等をお使いの患者様及びお連れ様は、”例外なく”、入室(受診)することは出来ませんので、ご理解、ご了承ください。

なお、当院で推奨の洗剤は、以下の商品です。
1.株式会社宮本製作所「洗濯マグちゃん」
2.サラヤ株式会社「ヤシノミ洗たく用洗剤濃縮タイプ」
3.株式会社シャボン玉本舗「シャボン玉スノール液体タイプ」

なお、入室(受診)基準に達していなくても、受診されたい患者様の場合、「院内環境清掃費」として、10,800円(税込)を別途お支払い頂ければ、受診して頂くことは可能です。

ただし、急患の患者様はこの限りではありません。
当院に受診を希望する”初診”及び”再診”の患者様が対象です。

なお、誠に恐縮ですが、初診・再診の患者様には、新たに「院内環境維持費」として、保険・保険外診療ともに、初診料(初検料)・施術料とは別にお支払い頂きます。詳しくは、別途お知らせ致します。

大変ご不便おかけいたしますが、患者様には、上記のような事情及び内容をご理解、ご了承頂き、受診して頂きますようお願い申し上げます。

ご不明な点がありましたら、お気軽に当院までお問い合わせ、ご相談ください。

篠ノ井はり灸院

診療日カレンダー

篠ノ井はり灸院

長野県長野市篠ノ井布施五明287-5 1F
TEL. 026-293-8841(完全予約制)
※午前9時15分~午後5時/ 土曜午後3時30分