ピソマとハペパッチTreatment

psoma_hand_01

手足の末端のツボ「井穴」を刺激するだけ!
指先から全身の症状を改善させます。

seiketsu-handfoot-image

指のツボ「井穴」

効果 神経の興奮状態を抑えて、痛みやしびれ、心身の緊張などを緩和する。
また、神経だけでなく、細胞にも刺激を与えるので、人が誰しも持っている「治そうとする力=自己治癒力」を活性化します。そして、自己治癒力が活性化することで、加齢や病気に起因する基礎代謝力の低下も改善します。

簡単 手足指のツボ「井穴(せいけつ)」を刺激する

  • 井穴刺絡(せいけつしらく): 専用鍼約1mmを一瞬だけ刺して症状を改善する方法
  • ピソマハぺパッチ(医療用マイクロコーン): シリコン繊毛シールを圧痛点に貼って症状を緩和する方法
即効 治療直後から効果を実感できる
安全 内臓に鍼が刺さる、ウイルス感染、鍼が折れて体内に残ってしまうなどのリスクがない
安心 外科手術や投薬のような、体を傷める副作用がない(健康な臓器には効果を及ぼさない)
明確 「井穴(せいけつ)」ごとに効果・効能が異なり、ツボの反応を診ることで、現在の病状(生理的異常)を把握できる。また、治療効果に再現性があるため、医療者の”技術と経験”に頼るだけではなく、科学的根拠に基づいた手段なのです。
※「井穴」ごとの効果一覧.pdfファイルのダウンロード
※井穴刺絡学を提唱した浅見鉄男医師のインタビュー記事(毎日ライフ1993年4月号掲載)はこちら

注意点

  • 治療後、眠気やだるさが出る場合がある
  • ごくまれに、一時的な脳貧血(血管迷走神経反射・VVR)が出る場合がある

井穴刺絡(せいけつしらく)、「ピソマ」と「ハペパッチ」

「刺す・刺さらない」2つの「はり」で、素早く末長く楽になろう!
刺すはり「井穴刺絡(せいけつしらく)」療法
効果は強いが、持続性が短い
刺さらないはり「ピソマ」と「ハペパッチ」
効果は穏やかだが、持続性がとても長い
shiraku-acupuncture_01 psoma01
通院治療:
手足の爪の生え際から2~3㎜のところに専用鍼約1mmを一瞬だけ刺し、点状出血させます。
通院+セルフケア:
痛いところ(圧痛点)に貼る方法
何千~何万本と生えたシリコン繊毛(医療用マイクロコーン)が、皮膚をそっと撫でるような刺激で痛みを和らげます。研究で、5分間貼付後、剥がしても、2時間の鎮痛効果が継続する事が分かっています。
刺すときの痛みは多少あるが、自律神経や運動神経、知覚神経などの神経の興奮状態を抑えて、身体の痛みやしびれ、心身の緊張を緩和します。 刺さらないはり「ピソマ」「ハペパッチ」「ハペロール」の優しく、気持ちの良い弾力で、連続して刺激を送り続けるので、継続的に患部をケアすることが出来、神経の興奮状態を抑えて、痛みやしびれ、心身の緊張を緩和します。

※「刺すはり」と「刺さらないはり」との血流改善効果を比較研究した結果のpdfファイルのダウンロード

※学術論文「微小突起マイクロコーンによる痛み緩和の神経性機序について」のページにリンク

※学術論文「微小突起マイクロコーンによる筋疲労の予防と回復について」のページにリンク

刺さらないはり「ピソマ」と「ハペパッチ」とは?

微細でとても柔らかい突起の集合体!
SEM picture
    • 刺さらないはり「ピソマ」「ハペパッチ」「ハペロール」(医療用マイクロコーン)は、とても柔らかいシリコーン製で、画像のような何千~何万本もの突起が生えています。
      この突起は、皮膚考学では「微細柔突起」(マイクロコーン)と言い、この集合体が、皮膚にそっと撫でるような刺激をおくります。

      子どもの頃、あなたが転んだ時、親御さんは、あなたの患部を手でさすったり撫でてくれませんでしたか?
      現在は科学的研究が進み、このさすったり撫でる行為が、興奮した神経を抑えて痛みを和らげる、理にかなった「皮膚刺激」ということが分かってきました。

      ”ハペ”はギリシャ語で「皮膚・感覚・感触」、”ソマ”は「体・身体」の意味。その名の通り、「ピソマ」や「ハペパッチ」は、皮膚に触れて感じて「ケアするはり」なのです。

  • 目指したのは、お母さんの手の優しさ
    baby picture
    • 「微細柔突起」(マイクロコーン)は、痛みを和らげるとともに細胞にも刺激をおくるので、人が誰しも持っている「治そうとする力=自己治癒力」を活性化します。活性化することによって、以下のようなことが期待できます。

      • 加齢や病気による基礎代謝の低下を改善し、生活の質の向上に繋がる
      • 血流改善や基礎体温の上昇で、免疫力の向上や病気の予防に繋がる
      • 細胞の活性化により、肌のかさつきを防ぐことができるという実験結果もあり、肌機能の改善にも繋がる

      患者様の中では、強い刺激の鍼や電気治療を好む方がいますが、鎮痛効果では、”低刺激”で「気持ちの良い」ことが最も大事です。

      最新の研究では、「微細柔突起」(マイクロコーン)の優しい刺激により、体内から痛みを和らげるモルヒネに似たホルモンが分泌され、また、愛情ホルモンと言われる「オキシトシン」が分泌されることが分かってきています。

      ※「オキシトシンと心身の健康」心身健康科学 15巻1号2019年のページにリンク

      「ピソマ」「ハペパッチ」「ハペロール」は、まるで、お母さんが手で撫でてくれるような優しさがあり、従来のステンレス製の鍼やパイオネックスを開発した技術者、長谷川智也氏が、先端技術を用いて製作した、「鍼」を超える、今までにない全く新しい器具なのです。

  • 通院治療とセルフケア

    刺すはり・刺さらないはりを合わせたトータルケア

    psoma_hand_01

    当院の鍼灸治療は、「刺すはり・刺さらないはり」がもつ性質を組み合わせ、効果を長く持続させて治療する、今までにない、全く新しい治療方法です。
    従来の鍼灸治療は、施術を行った日は効果はあるが、その後、効果が続かない、何度も通わねばならない等の物理療法の弱点がありました。
    当院では、忙しくて通院出来ない、遠方で来られない方でも、ご自宅で「ピソマ」「ハペパッチ」「ハペロール」でセルフケアをして頂くことで、効果がより長く続き、症状の改善を早め、痛みの予防へ繋げることが出来ます。当院の90%の患者様は、約3~4週間の一度の通院間隔で、症状改善に至っています。

    持続的効果の実感

    hold-hands-01

    • セルフケア(ホームケア)で、心身の調子が整う
    • 自然治癒力を引き出し、基礎代謝力が改善する
    • 痛みの悪循環を断ち切り、痛みの予防、生活の質の向上に繋がる
    • 健康につながる、生体が一定に保たれる(ホメオスタシス)心身の維持
    日常生活でセルフケアのすすめ

    selfcare-hands

    • 簡単! 毎日3分ケアで、通院治療の効果がより長く続き、症状の改善を早め、予防へ繋げます
    • 続く! 自宅や職場や電車の中、いつでもあなた自身のペースでケア出来ます
    • 楽に! セルフケアで痛みやしびれ、心身の緊張の緩和・改善ができ、楽になれます
    患者さんの声

    inquiry_01
    通院患者さんへのアンケートのご紹介です。
    ※患者さんの声へ

    診療日カレンダー

    篠ノ井はり灸院

    長野県長野市篠ノ井布施五明287-5 1F
    TEL. 026-293-8841(予約制)
    外来診療時間:午前9時30分~11時45分、午後1時~3時(休診日を除く)