除草剤「ラウンドアップ」でがんに バイエルに2200億円の賠償命令

NHKおよびBBCニュースからの転載です。

ドイツの大手医薬品メーカーが販売している、除草剤「ラウンドアップ」(グリホサート系農薬)で、がんを患ったとする夫婦が賠償を求めていた裁判で、アメリカのカリフォルニア州の裁判所の陪審は、夫婦側の訴えを認め、約2200億円の支払いを命じる評決を出したという内容です。

この除草剤をめぐっては、全米で同様の訴訟が13,000件以上起こされていて、2018年8月の1件目以降、今回で3件連続で賠償が認められたことになります。

日本でも農協はじめ、多くのホームセンター等で販売されており、使用されている方も多いのではないでしょうか。
NHKニュースとBBCニュースの報道の内容に”差”がありますので、ご興味ある方はよくお読みください。

なお、2015年3月20日、世界保健機関(WHO)の外部組織である、国際がん研究機関は除草剤グリホサートを、グループ1に次ぎ2番目にリスクの高いグループ2A(ヒトに対しておそらく発がん性がある)に指定しています。

この報告の中でグリホサートは、噴霧中の空気中、水中、食品中で検出されていること、また、曝露を受ける対象として噴霧地の近くに居住している場合、家庭で利用した場合に加えて、水または食品を摂取した場合と言及しています。

NHK
除草剤でがんに メーカーに2200億円の賠償命令 米 | NHKニュース

BBC
US jury awards $2bn damages in Roundup weedkiller cancer claim

関連記事

  1. herbicide

    【参考】欧州のARTE番組「Pesticides: Euro…

  2. presentation

    3/18 講演会開催のお知らせ「生活のなかの化学物質~身近な…

  3. mcs image

    「香害先進国」米国の悲惨な実態、成人3人に1人が被害者

  1. Agricultural chemicals

    2022.08.28

    【Important】What is Neonicoti…

  2. insecticide

    2022.08.27

    【重要】ネオニコチノイド系農薬問題とは?(日本語版)

  3. seminar

    2022.08.16

    【参考】「浸透性農薬〈ネオニコチノイド〉はヒトにとって安…

  4. 2022.08.13

    【論文紹介】顔面皮膚のエラストマーローラー刺激が自律神経…

  5. article

    2022.08.13

    【論文紹介】 低レベル光照射と微小突起機械的皮膚刺激によ…

  1. insecticide

    2022.07.28

    【参考】TBS 報道特集「ネオニコ系農薬 人への影響は」…

  2. law

    2020.07.25

    【再掲】鍼灸は「医業」の一部である ~鍼灸、井穴刺絡の法…

  3. worldnews

    2019.07.09

    【原著】微小突起マイクロコーンによる痛み緩和の神経性機序…

  4. article

    2019.05.28

    【疫学研究】児童・生徒(6~15才)の化学物質過敏症様症…

  5. us drug

    2018.03.07

    薬物中毒が広がるアメリカの現状と鍼治療

篠ノ井はり灸院

TEL. 090-6039-4189(遠隔対応のみ)

電話予約受付時間(遠隔対応時間)
原則、毎週土曜 9:00-12:00
その他時間は、留守番電話にメッセージを残して頂くか、メールフォームにてお尋ねください