【論文紹介】「米国における全国的な有病率と複数の化学物質過敏症の影響」に関する研究結果

Journal of Occupational and Environmental Medicine: March 2018 – Volume 60 – Issue 3 – p e152-e156版で、「「米国における全国的な有病率と複数の化学物質過敏症の影響」に関する研究結果」が発表されました。

National Prevalence and Effects of Multiple Chemical Sensitivities
世界的に有名なメルボルン大学のAnne Steinemann教授の論文です。
オープンアクセスとなっていますのでどなたでも閲覧可能です。機械翻訳をご活用ください。

ご参考まで。

関連記事

  1. water pollution

    【論文紹介】埼玉県内河川における浸透性殺虫剤の汚染実態ーネオ…

  2. cosmetics

    【論文紹介】「⾹料⼊りの消費者製品:英国における排出源、曝露…

  3. article

    【論文紹介】厚生労働科学研究研究費補助金 化学物質リスク研究…

  1. 2024.03.20

    【参考資料】あなたの頭痛のもとは首の痛みかも、予防や治療…

  2. research

    2024.03.19

    【参考資料】市民団体の「香害」に関する実証実験(週刊金曜…

  3. 2024.03.19

    【参考資料】もはや「配慮」のレベルではない日本の「香害」…

  4. worldnews

    2024.03.17

    【論文紹介】シックハウス症候群、化学物質過敏症および電磁…

  5. research

    2024.03.17

    【論文紹介】化学物質過敏症に対する科学と政策の役割

  1. insecticide

    2022.07.28

    【参考資料】TBS 報道特集「ネオニコ系農薬 人への影響…

  2. law

    2020.07.25

    【講演】鍼灸は「医業」の一部である ~鍼灸、井穴刺絡の法…

  3. worldnews

    2019.07.09

    【論文紹介】微小突起マイクロコーンによる筋疲労の予防と回…

  4. article

    2019.05.28

    【論文紹介】児童・生徒(6~15才)の化学物質過敏症様症…

  5. us drug

    2018.03.07

    【記事紹介】薬物中毒が広がるアメリカの現状と鍼治療

篠ノ井はり灸院

TEL. 090-6039-4189(電話予約受付日)

電話予約受付時間(電話が繋がる日)
毎月指定の土曜 午前9時~正午 日本時間(JST)(2022.10.22現在)
※その他時間は、上記電話番号にショートメール(SMS)を送信、もしくは、メニュー内の「問い合わせフォーム」にてお尋ねください