6/22-23 第28回 日本臨床環境医学会学術集会開催のお知らせ

2019年6月22日(土)~6月23日(日)に第28回日本臨床環境医学会学術集会が、北里大学 白金キャンパスにて開催されます。
テーマ「臨床環境医学の過去・現在・未来」となっています。

学術集会には、専門家の方以外にも一般の方も参加できますので、ご興味ある方は是非お越しください。

なお、当学会には、化学物質過敏症の患者様も参加されます。
化学物質過敏症の患者様には、嗅覚過敏の症状を持たれる方も多いため、香水、整髪料、香りの強い化粧品などのご使用を控えた上でご参加くださいますようお願い申し上げます。

  • 日時:2019年6月22日(土)~6月23日(日)
  • 場所:北里大学白金キャンパス
  • 学術集会参加費(非会員):14,000円(学生6,000円)
  • 学術情報交換会費:3,500円(学生1,500円)

詳細につきましては、学術大会ホームページをご覧ください。

関連記事

  1. medicinema

    【参考】「香害・化学物質過敏症」啓発講演会(2022年7月1…

  2. mcs image

    【疫学研究】「米国における全国的な有病率と複数の化学物質過敏…

  3. movie

    シャボン玉せっけん株式会社が「香害」をテーマとした啓発活動「…

  1. Agricultural chemicals

    2022.08.28

    【Important】What is Neonicoti…

  2. insecticide

    2022.08.27

    【重要】ネオニコチノイド系農薬問題とは?(日本語版)

  3. seminar

    2022.08.16

    【参考】「浸透性農薬〈ネオニコチノイド〉はヒトにとって安…

  4. 2022.08.13

    【論文紹介】顔面皮膚のエラストマーローラー刺激が自律神経…

  5. article

    2022.08.13

    【論文紹介】 低レベル光照射と微小突起機械的皮膚刺激によ…

  1. insecticide

    2022.07.28

    【参考】TBS 報道特集「ネオニコ系農薬 人への影響は」…

  2. law

    2020.07.25

    【再掲】鍼灸は「医業」の一部である ~鍼灸、井穴刺絡の法…

  3. worldnews

    2019.07.09

    【原著】微小突起マイクロコーンによる痛み緩和の神経性機序…

  4. article

    2019.05.28

    【疫学研究】児童・生徒(6~15才)の化学物質過敏症様症…

  5. us drug

    2018.03.07

    薬物中毒が広がるアメリカの現状と鍼治療

篠ノ井はり灸院

TEL. 090-6039-4189(遠隔対応のみ)

電話予約受付時間(遠隔対応時間)
原則、毎週土曜 9:00-12:00
その他時間は、留守番電話にメッセージを残して頂くか、メールフォームにてお尋ねください