3/18 講演会開催のお知らせ「生活のなかの化学物質~身近なものが害になる?」

化学物質過敏症 あいちReの会主催の講演会が愛知県で行われます。
ご興味ある方は、ご参加ください。

「生活のなかの化学物質~身近なものが害になる?」

  • 日時:2018年3月18日(日)13:30~16:20
  • 会場:ウィルあいち大会議室(愛知県女性総合センター)
  • 参加費:800円(当日)
  • 定員:150名
  • 演者
  • 岡田幹治さん(ジャーナリスト、元朝日新聞論説委員)「広がる香害~柔軟剤や消臭スプレーはこんなに怖い」
    宮田幹夫さん(北里大学名誉教授、そよ風クリニック院長)「化学物質過敏とつきあう」

    日常生活用品のうち、特に香料製品による健康被害についてとりあげ、ジャーナリストで「香害」の著者岡田幹治さんと化学物質過敏症の研究・診断に関わる医師宮田幹夫さんにお話を聞きます。

  • 主催:化学物質過敏症 あいちReの会
  • 協賛:グリーンコンシューマー名古屋
  • 後援:あいち生活共同組合、株式会社名古屋生活クラブ、一般社団法人日本環境保健機構、中日新聞
  • 申込み方法
  • FAX:052-938-3557(担当:藤井さん)
    Mail:cs.aichi.renokai@gmail.com

    詳しくは、化学物質過敏症 あいちReの会(りのかい)のホームページをご覧ください。
    ※講演会のお知らせ「生活のなかの化学物質~身近なものが害になる?」

※当日は、化学物質過敏症・電磁波過敏症発症者が参加します。
※香水・化粧品・合成洗剤・柔軟剤・整髪料など香料が含まれる製品は使用せず、ご参加ください。

関連記事

  1. seminar

    シンポジウム『においブームの落とし穴 香料や柔軟剤、広がる“…

  2. medicinema

    【参考】「香害・化学物質過敏症」啓発講演会(2022年7月1…

  3. softner

    【お知らせ】「香害・化学物質過敏症」啓発講演会 22/7/1…

  1. Agricultural chemicals

    2022.08.28

    【Important】What is Neonicoti…

  2. insecticide

    2022.08.27

    【重要】ネオニコチノイド系農薬問題とは?(日本語版)

  3. seminar

    2022.08.16

    【参考】「浸透性農薬〈ネオニコチノイド〉はヒトにとって安…

  4. 2022.08.13

    【論文紹介】顔面皮膚のエラストマーローラー刺激が自律神経…

  5. article

    2022.08.13

    【論文紹介】 低レベル光照射と微小突起機械的皮膚刺激によ…

  1. insecticide

    2022.07.28

    【参考】TBS 報道特集「ネオニコ系農薬 人への影響は」…

  2. law

    2020.07.25

    【再掲】鍼灸は「医業」の一部である ~鍼灸、井穴刺絡の法…

  3. worldnews

    2019.07.09

    【原著】微小突起マイクロコーンによる痛み緩和の神経性機序…

  4. article

    2019.05.28

    【疫学研究】児童・生徒(6~15才)の化学物質過敏症様症…

  5. us drug

    2018.03.07

    薬物中毒が広がるアメリカの現状と鍼治療

篠ノ井はり灸院

TEL. 090-6039-4189(遠隔対応のみ)

電話予約受付時間(遠隔対応時間)
原則、毎週土曜 9:00-12:00
その他時間は、留守番電話にメッセージを残して頂くか、メールフォームにてお尋ねください