児童・生徒(6~15才)の化学物質過敏症様症状に関するアンケート再調査

新潟県立看護大学の永吉雅人准教授らが調査した「児童・生徒(6~15才)の化学物質過敏症様症状に関するアンケート再調査」の結果です。
データが2013年10月と古いですが、大変興味深いデータです。

児童・生徒(6~15才)の化学物質過敏症様症状に関するアンケート再調査.PDFファイルのダウンロード

以下、調査の要旨より。

アンケートの有効回答数は14,024名(有効回答率84.0%)であった。
調査の結果、14,024名の回答児童・生徒中MCS様症状を示す児童・生徒は1,734名(12.4%)であった。
今回の調査で主に、次の3つのことが明らかとなった。

1.小学1年生から中学3年生へ学年が進むに伴い、MCS様症状を示す児童・生徒の割合が増加傾向にあった。
2.小学生全体のMCS様症状を示す児童の割合は、今回調査した小学生の方が5年前に比べて大きくなっていた。
3.小学3年生から中学3年生までのMCS様症状を示す児童・生徒はMCS様症状を示していない児童・生徒より就寝時刻が遅かったことが明らかになった。

関連記事

  1. airpollution

    日本に新しい公害が生まれています。その名は「香害」(シャボン…

  2. worldnews

    慢性閉塞性肺疾患(COPD)に対する鍼治療

  3. softner

    米国でミレニアム世代を中心に柔軟剤の売上が急落