ローラーによる軽微な皮膚刺激が、過活動膀胱による高齢者の夜間頻尿を緩和することを発見

東京都健康長寿医療センター研究所の堀田晴美研究副部長、同病院の粕谷豊部長、帝京平成大学宮崎彰吾博士らの共同研究グループは、ローラーを使った軽微な皮膚刺激が、過活動膀胱による高齢者の夜間頻尿の緩和に効果があることを明らかにしました。

この研究成果は、これまで有効な対処法がなかった夜間頻尿のための新たなセルフケア方法の開発に大きく貢献するものと期待されます。

なお、当院では、論文中に記載の「ソマプレーン」ではなく、更に進化した「ハペロール」を臨床および患者様のセルフケアとして使っています。

詳しくは以下のウェブサイトを御覧下さい。
「ローラーによる軽微な 皮膚刺激が、過活動膀胱による高齢者の夜間頻尿を緩和することを発見 」のページにリンク

関連記事

  1. Agricultural chemicals

    ネオニコチノイド系農薬の生物への摂取経路と水環境リスクに関す…

  2. constipation

    非侵襲性の微細突起による皮膚刺激が大学生の便秘に及ぼす影響

  3. baby

    ホルモン最新事情赤ちゃんが危ない(外部サイト)