においと化学物質過敏症―嫌なにおいを嗅いだとき、脳では何が起きているか?

NPO法人ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議 年次総会2016の記念講演の内容です。

「においと化学物質過敏症―嫌なにおいを嗅いだとき、脳では何が起きているか?」のページにリンク
※ニュースレター第100号2016年8月をご覧ください。

演者は、私の環境医学の先生で、東海大学医学部生体構造機能学領域教授・同医学部長、北里大学北里研究所病院臨床環境医学センター長(兼任)の坂部貢先生です。

においと脳に関して、とても興味深い内容を話されておりますので、ご興味ある方は是非ご覧ください。

関連記事

  1. airpollution

    日本に新しい公害が生まれています。その名は「香害」(シャボン…

  2. article

    児童・生徒(6~15才)の化学物質過敏症様症状に関するアンケ…

  3. mcs image

    「香害先進国」米国の悲惨な実態、成人3人に1人が被害者