微小突起マイクロコーンによる筋疲労の予防と回復

常葉大学健康プロデュース学部雑誌2018年2月第12巻1号より。
常葉大学健康プロデュース学部健康鍼灸学科 教授の有馬義貴先生らの研究論文です。

「微小突起による機械的皮膚刺激の筋疲労の予防と回復」のページにリンク

以下、論文を要約しました。詳しくは、原著をご覧ください。

以下、要約。
・研究では、筋疲労の予防と回復を目的とした微小突起(マイクロコーン)の使用を電気刺激誘発筋疲労モデルの硬さ測定で検討した。微小突起刺激にはエラストマー製のソマレゾンL (東洋レジン社製、SR群) もしくはソフトピソマV (皮膚考学研究所製、SP群) を用い、足三里穴 (ST36) に行った。

・前脛骨筋の筋疲労は100Hz電気刺激で誘発した。筋収縮時と弛緩時の硬さを20分間連続的に測定し、1分ごとの収縮時硬度、弛緩時硬度、硬度差の平均を求めた。

・無刺激(以下、control群)、SR群,SP群についてそれぞれ6回測定した。

・SR群では、収縮時硬度、弛緩時硬度、硬度差の全てにおいて、control群との間に有意な交互作用は認められなかった。

・対して、SP群では、収縮時硬度と硬度差において優位な交互作用(筋疲労回復効果)が認められた。

・今回の研究では、微小突起(マイクロコーン)皮膚刺激が、筋疲労回復効果を有すること、また、微小突起密度のピッチ(間隔)が細かいこと(突起数)が、効果発現に関与することが示唆された。

当院では、臨床と患者様のホームケアツールで、「ソフトピソマ SP」と「ハペパッチ」を使用して効果を上げています。

関連記事

  1. mcs image

    【疫学研究】「米国における全国的な有病率と複数の化学物質過敏…

  2. worldnews

    【症例報告】 透析時血管痛に著効したマイクロコーンによる耳介…

  3. cosmetics

    【疫学研究】「⾹料⼊りの消費者製品:英国における排出源、曝露…

  1. Agricultural chemicals

    2022.08.28

    【Important】What is Neonicoti…

  2. insecticide

    2022.08.27

    【重要】ネオニコチノイド系農薬問題とは?(日本語版)

  3. seminar

    2022.08.16

    【参考】「浸透性農薬〈ネオニコチノイド〉はヒトにとって安…

  4. 2022.08.13

    【論文紹介】顔面皮膚のエラストマーローラー刺激が自律神経…

  5. article

    2022.08.13

    【論文紹介】 低レベル光照射と微小突起機械的皮膚刺激によ…

  1. insecticide

    2022.07.28

    【参考】TBS 報道特集「ネオニコ系農薬 人への影響は」…

  2. law

    2020.07.25

    【再掲】鍼灸は「医業」の一部である ~鍼灸、井穴刺絡の法…

  3. worldnews

    2019.07.09

    【原著】微小突起マイクロコーンによる痛み緩和の神経性機序…

  4. article

    2019.05.28

    【疫学研究】児童・生徒(6~15才)の化学物質過敏症様症…

  5. us drug

    2018.03.07

    薬物中毒が広がるアメリカの現状と鍼治療

篠ノ井はり灸院

TEL. 090-6039-4189(遠隔対応のみ)

電話予約受付時間(遠隔対応時間)
原則、毎週土曜 9:00-12:00
その他時間は、留守番電話にメッセージを残して頂くか、メールフォームにてお尋ねください