【論文紹介】ネオニコチノイドの母子間移行の実態と移行メカニズムの解明

北海道大学の池中良徳准教授らの研究グループが、ネオニコチノイド系農薬の母体から胎児への移行に関する研究成果を2019年6月12日、第28回環境化学討論会で発表した。

以下、内容を要約しました。

日本人は、ネオニコチノイドにより胎児期から曝露を受けている事が明らかになり、その摂取源は飲食物である可能性が高い事が明らかになった。
また、ネオニコチノイド系農薬は、胎盤関門を速やかに通過し、母体から胎児へ移行する事も本研究により明らかになった。
さらに、ネオニコチノイド系農薬に汚染されていない食材を摂れば、比較的短時間で体外排出できる可能性が高いこともわかった。

詳細は、原著をご覧ください。

科学誌PLOS ON 2019年7月1日掲載 ”LC-ESI/MS/MS analysis of neonicotinoids in urine of very low birth weight infants at birth”

第28回環境化学討論会 池中良徳准教授 口頭発表「ネオニコチノイドの母子間移行の実態と移行メカニズムの解明」

関連記事

  1. worldnews

    【論文紹介】慢性閉塞性肺疾患(COPD)に対する鍼治療

  2. airpollution

    【論文紹介】環境に広がるイソシアネートの有害性

  3. research

    【論文紹介】化学物質過敏症に対する科学と政策の役割

  1. 2024.03.20

    【参考資料】あなたの頭痛のもとは首の痛みかも、予防や治療…

  2. research

    2024.03.19

    【参考資料】市民団体の「香害」に関する実証実験(週刊金曜…

  3. 2024.03.19

    【参考資料】もはや「配慮」のレベルではない日本の「香害」…

  4. worldnews

    2024.03.17

    【論文紹介】シックハウス症候群、化学物質過敏症および電磁…

  5. research

    2024.03.17

    【論文紹介】化学物質過敏症に対する科学と政策の役割

  1. insecticide

    2022.07.28

    【参考資料】TBS 報道特集「ネオニコ系農薬 人への影響…

  2. law

    2020.07.25

    【講演】鍼灸は「医業」の一部である ~鍼灸、井穴刺絡の法…

  3. worldnews

    2019.07.09

    【論文紹介】微小突起マイクロコーンによる筋疲労の予防と回…

  4. article

    2019.05.28

    【論文紹介】児童・生徒(6~15才)の化学物質過敏症様症…

  5. us drug

    2018.03.07

    【記事紹介】薬物中毒が広がるアメリカの現状と鍼治療

篠ノ井はり灸院

TEL. 090-6039-4189(電話予約受付日)

電話予約受付時間(電話が繋がる日)
毎月指定の土曜 午前9時~正午 日本時間(JST)(2022.10.22現在)
※その他時間は、上記電話番号にショートメール(SMS)を送信、もしくは、メニュー内の「問い合わせフォーム」にてお尋ねください