【論文紹介】「香害先進国」米国の悲惨な実態、成人3人に1人が被害者

週刊「ダイヤモンド」オンライン版、2018年8月29日の記事より引用。

「香害先進国」米国の悲惨な実態、成人3人に1人が被害者

アメリカでは、成人の約13%が香りつき製品にさらされて化学物質過敏症になり、約15%が職場の香りつき製品で健康を害して過去1年間に休職や退職を余儀なくされている-。

そんな「香害先進国」の悲惨な実態を明らかにした調査結果が公表され、注目を集めている。
香りつき製品の成分で体調不良になった日本の「香害」被害者には、やがて日本もこのようになるのではとの不安が強い。

この調査は、アン・スタイネマン教授(オーストラリア・メルボルン大学)らが2016年6月に実施し、今年3月までに複数の研究論文で公表した。

全文は、週刊「ダイヤモンド」オンライン版をご覧ください。
「香害先進国」米国の悲惨な実態、成人3人に1人が被害者のページにリンク

関連記事

  1. stretch

    おすすめサイトの紹介「無香料生活」

  2. medicinema

    【講演】「香害・化学物質過敏症」啓発講演会(2022年7月1…

  3. 【参考資料】もはや「配慮」のレベルではない日本の「香害」(週…

  1. 2024.03.20

    【参考資料】あなたの頭痛のもとは首の痛みかも、予防や治療…

  2. research

    2024.03.19

    【参考資料】市民団体の「香害」に関する実証実験(週刊金曜…

  3. 2024.03.19

    【参考資料】もはや「配慮」のレベルではない日本の「香害」…

  4. worldnews

    2024.03.17

    【論文紹介】シックハウス症候群、化学物質過敏症および電磁…

  5. research

    2024.03.17

    【論文紹介】化学物質過敏症に対する科学と政策の役割

  1. insecticide

    2022.07.28

    【参考資料】TBS 報道特集「ネオニコ系農薬 人への影響…

  2. law

    2020.07.25

    【講演】鍼灸は「医業」の一部である ~鍼灸、井穴刺絡の法…

  3. worldnews

    2019.07.09

    【論文紹介】微小突起マイクロコーンによる筋疲労の予防と回…

  4. article

    2019.05.28

    【論文紹介】児童・生徒(6~15才)の化学物質過敏症様症…

  5. us drug

    2018.03.07

    【記事紹介】薬物中毒が広がるアメリカの現状と鍼治療

篠ノ井はり灸院

TEL. 090-6039-4189(電話予約受付日)

電話予約受付時間(電話が繋がる日)
毎月指定の土曜 午前9時~正午 日本時間(JST)(2022.10.22現在)
※その他時間は、上記電話番号にショートメール(SMS)を送信、もしくは、メニュー内の「問い合わせフォーム」にてお尋ねください