「非侵襲性微細突起を用いた足底部皮膚への持続刺激が睡眠に与える影響」の研究報告

全日本鍼灸学会誌2018年68巻4号に掲載された「非侵襲性微細突起を用いた足底部皮膚への持続刺激が睡眠に与える影響」の研究論文の紹介。
森ノ宮医療大学保健医療学部鍼灸学科の大月隆史先生らの研究グループによる報告です。

「非侵襲性微細突起を用いた足底部皮膚への持続刺激が睡眠に与える影響」のページにリンク

以下、概要。詳しくは、上記原著をご覧ください。
日中に足底への非侵襲性微細突起(マイクロコーン)の持続刺激を行うことが睡眠を改善する可能性が考えられた。入眠と睡眠維持の改善により、睡眠時間、起床時の眠気にも影響したと考えられる。

関連記事

  1. cosmetics

    化粧品に含まれるPFAS(永遠に残る化学物質と呼ばれる)に関…

  2. water pollution

    埼玉県内河川における浸透性殺虫剤の汚染実態ーネオニコチノイド…

  3. Agricultural chemicals

    ネオニコチノイド系農薬の生物への摂取経路と水環境リスクに関す…

  1. Agricultural chemicals

    2022.08.28

    【Important】What is Neonicoti…

  2. insecticide

    2022.08.27

    【重要】ネオニコチノイド系農薬問題とは?(日本語版)

  3. seminar

    2022.08.16

    【参考】「浸透性農薬〈ネオニコチノイド〉はヒトにとって安…

  4. 2022.08.13

    【論文紹介】顔面皮膚のエラストマーローラー刺激が自律神経…

  5. article

    2022.08.13

    【論文紹介】 低レベル光照射と微小突起機械的皮膚刺激によ…

  1. insecticide

    2022.07.28

    【参考】TBS 報道特集「ネオニコ系農薬 人への影響は」…

  2. law

    2020.07.25

    【再掲】鍼灸は「医業」の一部である ~鍼灸、井穴刺絡の法…

  3. worldnews

    2019.07.09

    【原著】微小突起マイクロコーンによる痛み緩和の神経性機序…

  4. article

    2019.05.28

    【疫学研究】児童・生徒(6~15才)の化学物質過敏症様症…

  5. us drug

    2018.03.07

    薬物中毒が広がるアメリカの現状と鍼治療

篠ノ井はり灸院

TEL. 090-6039-4189(遠隔対応のみ)

電話予約受付時間(遠隔対応時間)
原則、毎週土曜 9:00-12:00
その他時間は、留守番電話にメッセージを残して頂くか、メールフォームにてお尋ねください