環境に広がるイソシアネートの有害性

日本臨床環境医学会の学会誌2012年No.1 Vol.21と少し内容が古いですが、現在でも十分知識、情報として役に立ちますので、ご興味ある方はぜひ御覧下さい。
津谷裕子先生、内田義之先生、宮田幹夫先生共同執筆による論文です。

発行元:日本臨床環境医学会
「環境に広がるイソシアネートの有害性」ファイルのダウンロード

一応、「イソシアネート」の説明を。
「イソシアネート」は、窒素(N)、炭素(C)、酸素(O)が結びついた「-NCO基」をもった有機化合物です。
例えば、「トリレンジイソシアネート(TDI)」や「フェニルメタンレンジイソシアネート(MDI)」などたくさんの種類があります。

「イソシアネート」は、ごく希薄な吸入でもアレルギー性喘息や中枢神経や心臓血管系症状を引き起こす、”毒性”化合物で、過敏性を生じやすく、慢性の肺線維症、間質性肺炎等の原因にもなります。

「イソシアネート」の種類の1つの「トリレンジイソシアネート(TDI)」は、トルエン(シンナーの主成分)の一万倍の”毒性”をもっており、国立医薬品食品衛生研究所(NIHS)の研究では、腹痛、咳、吐き気、息切れ、咽頭痛、嘔吐、発赤、灼熱感、皮膚の痛み、目の充血、目の痛み等の多彩な症状が出現することが報告されています。また、IARCの評価では2B:ヒトに対する発癌性が疑われる (Possibly Carcinogenic)に分類されています。

欧米では、「イソシアネート」は、”毒性”が極めて高いため、環境基準が厳しく設定されていますが、日本では、生活環境での規制はなく、野放しになっているのが現状です。

現在、日本では主に、洗剤や柔軟剤で使われている”香料”の中に、「イソシアネート」が使われています。

なお、臨床環境医学(学会機関誌)は、この他の論文について一般の方でも自由に読めますので、ご興味ある方はぜひ御覧下さい。
臨床環境医学(学会機関誌)のページにリンク

関連記事

  1. research

    微小突起マイクロコーンによる筋疲労の予防と回復

  2. dangerous

    日本茶が危ない!

  3. seminar

    においと化学物質過敏症―嫌なにおいを嗅いだとき、脳では何が起…

  1. Agricultural chemicals

    2022.08.28

    【Important】What is Neonicoti…

  2. insecticide

    2022.08.27

    【重要】ネオニコチノイド系農薬問題とは?(日本語版)

  3. seminar

    2022.08.16

    【参考】「浸透性農薬〈ネオニコチノイド〉はヒトにとって安…

  4. 2022.08.13

    【論文紹介】顔面皮膚のエラストマーローラー刺激が自律神経…

  5. article

    2022.08.13

    【論文紹介】 低レベル光照射と微小突起機械的皮膚刺激によ…

  1. insecticide

    2022.07.28

    【参考】TBS 報道特集「ネオニコ系農薬 人への影響は」…

  2. law

    2020.07.25

    【再掲】鍼灸は「医業」の一部である ~鍼灸、井穴刺絡の法…

  3. worldnews

    2019.07.09

    【原著】微小突起マイクロコーンによる痛み緩和の神経性機序…

  4. article

    2019.05.28

    【疫学研究】児童・生徒(6~15才)の化学物質過敏症様症…

  5. us drug

    2018.03.07

    薬物中毒が広がるアメリカの現状と鍼治療

篠ノ井はり灸院

TEL. 090-6039-4189(遠隔対応のみ)

電話予約受付時間(遠隔対応時間)
原則、毎週土曜 9:00-12:00
その他時間は、留守番電話にメッセージを残して頂くか、メールフォームにてお尋ねください